ゴッホとゴーギャン

B4変型判 64ページ
作品点数 64点
本体価格 ¥2,913(プラス税)

1 ゴッホとゴーギャン
 
 
ぼくはなにかに役立つ人間のはずだ。ぼくにはなにか目的があるはずだ。
でも、それはいったいなになのだろう。(ゴッホ)
この本を買う
 
   
  ●ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

 
 
ゴッホ ”画家になろう!” 
1853年ヴィンセント・ヴァン・ゴッホはオランダの小さな村 フロート・ズンデルトに牧師のこどもとして生まれました。ゴッホにはふたりの弟と3人の妹がいましたが、すぐしたの弟テオとは大のなかよしでした。ゴッホがはじめて絵をかいたのは 8さいのとき。庭にあったリンゴの木にのぼろうとしている猫の絵をかいておかあさんにみせたのです。9さいのときにはえんぴつで橋や犬をかいています
 
   
  ●ポール・ゴーギャン

 
 
ゴーギャン タヒチへ!”
それは今からおよそ100年ほどまえ、1891年4月のあるはれた日のことでした。フランスの南海岸にある マルセイユという港町から1せきの船が出発しています。めざすは太平洋のまんなかにうかぶ小さな島タヒチ島。
   
この本を買う
 
→TOPページへ